卓球失点なぜなぜ分析🔍

こんばんは、卓球フィットネス ラケットジム梅屋敷店(大田区)です。

今日は、お客様の試合結果を踏まえた、練習メニュー提案のお話。

ご来店いただいているお客様が試合に負けた当日、相当悔しかったのか、
動画持ち込みで弱点の把握と解決策の提案依頼をいただきました。

2ゲームのみの分析だけでしたが、前回作成した「卓球 失点カウント表(簡易版)」に
もとづいて、失点ケースを現状把握したうえで、弱点の確認をしてみました。

基本的にサーブやレシーブのミスはなく、ラリーになった後に、対下回転のボールが
浮き、なおかつ相手フォア側に入ってしまうことで、スマッシュを叩き込まれる
展開がかなり見られました。

そのうえで、なぜ対下回転の返球が浮くのかなぜなぜ分析を繰り返し、
他スタッフと検証した結果、構え方に真の原因があることがわかりました。

ここまでわかれば、卓球マシンで どんなメニューで練習すればいいかの提案も簡単です。

水曜に卓球マシンの予約をいただいていますが、早く提案したくてウズウズしている
パーソナルトレーナー店長でした。

🏓------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ラケットジム梅屋敷店(大田区)は、最新鋭の卓球マシンを活用した
 一人でもできる新感覚の卓球ジムです。
 効率的な多球練習はもちろんのこと、ダイエット・ストレス発散・
 脳の活性化にもつながるため、老化防止にも効果があります。
 梅屋敷駅・蒲田駅・大森町駅から徒歩圏内で、梅屋敷商店街内にありますので、
 仕事帰りや買い物のついでに気軽にご利用ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------🏓